若白髪の原因は?【ストレス?遺伝?】

まだ若い人が白髪になってしまうと、恥ずかしくて人に相談できなくて悩んでしまいますよね。

 

白髪になる平均的な年齢は、日本人は実は35歳頃からだといわれいます。
意外と早いと思うかもしれませんね。
これは35歳には髪の毛が真っ白だという事ではなくて、初めて生える白髪が35歳だという平均年齢です。

 

この場合だと、遺伝的な要素が強くなります。
35歳よりも早い年齢から白髪が生えてくるとしたら、ストレス性の白髪の可能性が高いかもしれませんね。
ストレス性の白髪の原因は、ホルモンバランスの乱れがメラニン色素に影響しているからです。
元々髪の毛が生える事とホルモンバランスは大きく関係しています。
ストレスが溜まると抜け毛が増えることもあります。
メラニン色素もホルモンバランスの乱れに影響されて、色素を一時的に失ってしまいます。
その部分が白髪になってしまうのです。

 

ただし、ストレス性の白髪の場合は、ホルモンバランスが整うと、色素が元に戻る事が多いです。
たとえば、女性が産後などストレスが溜まりやすくなって女性ホルモンが乱れたときに白髪が出たとします。
突然白くなって驚きますが、授乳が終わり女性ホルモンが通常通りに分泌されると、自然に白髪がなくなったりします。
ですので、環境や身体の変化と同時に生えてきた白髪の場合は一度ストレスが溜まっていないかを見直してみましょう。

 

中には、35歳よりももっと早い年齢から、遺伝的な白髪が生えてくる場合もあります。
自分の親や身内にも同じような人がいる場合、その可能性は高くなります。
10代の頃からの白髪は、思春期が終わると減る場合もあります。

 

ちらほらと白髪が生え始めても、全部の毛が真っ白になる人や部分的な人や、全く白髪のない人などさまざまです。
遺伝でもストレスでも個人差がとてもあるので、気にしすぎてあまり周りと比べないようにしましょう。
今は便利な白髪染めもたくさんありますので、白髪と上手に付き合っていけるといいですね。