ストレスで白髪になる?

過度のストレスは身体のあちこちに悪影響を及ぼします。

 

実は髪の毛にもストレスは深く関わっている事を、ご存知でしたか?

 

髪の毛に限らず、毛の生え方にはホルモンバランスが関係しています。
ホルモンバランスは人によって様々ですが、正常な状態をいつもキープしています。
しかし、ストレスが溜まると、男女共にホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れると、身体の毛が抜けたり増えたりします。

 

髪の毛も同じで、ストレスによって毛根が刺激されます。
突然抜け毛が増えたり、白髪が生えてきたりします。

 

加齢による白髪や遺伝的な白髪でないのに、突然白髪が生えてた場合は、ストレスによる白髪の可能性があります。
突然白髪になると驚きますが、ストレスによる白髪はまた元に色に戻る事が多いのです。

 

加齢による白髪は、色素細胞の中から色素を失う事によって出てくる白髪です。
これがストレスによる白髪だと、まだ完全に色素を失っていないのです。
ストレスによって毛根の中の色素細胞が影響を受けている状態なのです。
ストレスを取り除いてあげる事によって、白髪はまた元の色に戻りますのであまり心配しないでください。

 

ストレスが原因で出てくる白髪の量には、個人差があります。
隠せるくらいなら気になりませんが、目立つようであれば白髪染めをするのもいいでしょう。
白髪によるストレスまで溜めないように、気をつけてくださいね。

 

白髪に限らず、ストレスは身体にいいものではありません。
なるべくストレスを溜めないように、日ごろから意識して過ごしましょう。