白髪染めパッチテストの方法

白髪染めを行う場合、パッチテストは必ず必要です。

 

パッチテストというのは、これから使用する予定の白髪染めで頭皮が被れたり影響がないかどうか調べるための事前テストのことです。

 

パッチテストは、腕などに少量の水で溶いた白髪染めを塗布し、皮膚に影響がないかどうかをチェックします。もし、パッチテストをしないで、いきなり白髪染めを頭皮に塗布すると、場合によっては危険な状態になることもあります。

 

  

 

パッチテストには、色々な方法がありますが簡単なのは、腕の内側に少量を塗布して絆創膏などを貼って30分ほど放置しておきます。剥がして、皮膚が赤くなっている、かゆみがあるなどの症状がなければ、パッチテストはクリアです。安心して白髪染めをすることができます。

 

もし、パッチテストを行った結果、お肌に異常が出た場合は白髪染めすることはできません。腕の皮膚よりも頭皮の方がよりデリケートな傾向がありますので注意深くチェックしましょう!

 

本当は、同じ白髪染めを使う場合でも毎回パッチテストをするのが理想の姿なんです。
たとえ同じ薬でも、その日の体調によって反応が変わってしまうことがあるからです。

 

お肌がアトピーや敏感肌の人は、必ずパッチテストが必要になります。カラーリングの薬は強い薬なので、敏感肌の方は注意深く誰もが使える薬ではないのです。美容室でも市販のものでも、どちらも基本的な成分は同じですのでパッチテストを行います。
パッチテストが不要なものは、ヘアマニキュアや一時染めのスプレーなどです。商品によってはトリートメントタイプのカラーリングもパッチテストが不要です。
これらは髪の組織を潰さずにカラーリングができますので、皮膚や頭皮へのダメージがほとんどないからです。
もしパッチテストで反応がでてしまってカラーリングができなくなった人は、これらの方法ならカラーリングを行えます。

 

頭皮のトラブルを避けるためにも、パッチテストは毎回必ず行いましょう。