白髪染めにはどんな種類があるのでしょう?

単純に白髪染めと言っても、種類があるのをご存知ですか?

 

白髪染めには大きく分けて、3種類あります。

永久染毛剤

半永久染毛剤

一時染毛剤

 

それぞれについての違いを見てみましょう!

 

永久染毛剤

永久染毛剤とは言っても、永久に色落ちしないわけではありません。だいたい2〜3ヶ月持ちます。有効成分の「酸化染料」は、体質や肌状態によってかぶれの原因になったりしますので、使用の際は注意が必要です。
永久染毛剤には、「クリームタイプ」「泡タイプ」などがあります。自宅で染める場合は、泡タイプの方が地肌につきにくいので人気があります。「酸化染料」が毛髪中に浸透して髪の中で酸化して結び付くことで発色します。

 

この方法は、メラニン色素を脱色するパワーもあるので、髪の中の細胞を壊してしまい髪へのダメージが強いのが特徴です。
白髪に悩んでいる方は、1ヶ月に1度はカラーリングしたくなるかもしれませんが、その度に髪はダメージを受けて、水分不足や栄養不足になってしまいますので、きちんとしたケアが必要です。

 

半永久染毛剤

最近人気の「トリートメントタイプ」の白髪染めがこちらのタイプになります。

 

内部には浸透せずに髪の表面を覆うだけなので、永久染毛剤と比べると繰り返し染めても髪へのダメージは少ないのが特徴です。ただ髪も爪と同じタンパク質のケラチンです。爪にマニュキュアを塗るとその日に落としますね?髪にも同じことが言えます。使用については安全(永久染毛剤に比べると)ですが、髪から剥がれる時にキューティクルも一緒に剥がしてしまい、これが髪へのダメージに繋がります。また、半永久染毛剤が髪を覆い尽くすため、薬剤の浸透率が悪くなります。パーマなど併用して使用する方は、パーマのオーバータイムを引き起こしたり、薬剤を強めにしないと希望のウェーブがかからなくなります。

 

メリットは、アレルギーの方でも使用できる点です。一時染毛剤よりも持ちが良く、自宅で白髪染めをする場合に安全に使うことができます。
デメリットは、継続して使用する必要があるということです。繰り返して使用すると髪を覆う膜がバームクーヘンのように塗り重なるため、髪が重く・太く、クセ毛の方はクセを助長させてしまったりする場合があります。

 

一時染め

その名の通り、その日だけ一時的に白髪を染める方法です。本当に今日朝、白髪を早急に染めないとという時にピッタリンの白髪染めです。タイプ的にはマスカラタイプ、スプレータイプ、ファンデーションタイプなんかが最近では見られます。
ほとんどの商品がお湯やシャンプーで洗い流せるので、気軽に使用することができます。
かぶれなどの心配もありません。塗るだけなので手軽につかえますね。

 

染毛のメカニズムは着色剤を毛髪の表面に付着させて、一時的に毛質に着色します。
その日だけの白髪染めができるので、お出かけ前などすぐに白髪を隠したい緊急事態にはピッタリの方法です。