白髪染めで皮膚炎になる原因とは?

白髪染めをすると、頭皮がヒリヒリしたという経験はありませんか?
敏感肌でなくても、突然かぶれの症状が出てきたりすることがあります。

 

少しヒリヒリするぐらいならいいですが、頭皮がチクチクしたり、湿疹になったり痒みが出たり。
皮膚炎の症状は人それぞれですが、白髪染めによって突然皮膚に炎症が起こってしまうのはなぜでしょうか。

 

それは、白髪染めに含まれている「ジアミン」という物質によるアレルギー反応である事がほとんどです。
ジアミンは、ほとんどのカラー剤に含まれています。
市販のものでも、美容室で使われているカラー剤でも成分は同じです。

 

一度ジアミンによってアレルギー反応が出てしまった方は、残念ながら、次にヘアカラーをする事はできません。
アレルギー反応はコップの水のように身体の中で徐々にたまっていき、溢れ出した時に身体の外側に症状が出ます。
一度でも溢れ出したアレルギー反応は戻らないので、何度ヘアカラーをしても同じ症状が出てしまうのです。

 

もともとアトピーや敏感肌の方は、初めからヘアカラーを行わないかもしれません。
しかし肌にトラブルのない方は、それほど気にせずにヘアカラーを繰り返します。
白髪が簡単に染まるので便利ですが、ある日突然に、ジアミンによるアレルギー反応が出てきてもおかしくはないのです。

 

カラー剤の放置時間に、頭皮がチクチクしたり痒くなってきたりという症状がある方は、特に気をつけてください。
これまでは何もなかったのに突然かぶれたりする可能性があります。
体調の悪い日などはカラーを避けたり、心配な方は毎回パッチテストをするのもいいでしょう。

 

突然皮膚炎になると驚いてしまいますが、慌てずに皮膚科に行きましょう。
白髪が気になる場合は、ヘアカラー以外の方法で染めるようにしてください。
マニキュア、ヘアカラー、トリートメント式の白髪染めなど様々な方法があります。
頭皮と髪の毛のためにも、皮膚炎になってしまう前に、ヘアカラーをやめてしまうのもいいかもしれませんね。
便利で簡単なヘアカラーですが、髪の毛にはもちろん、頭皮にとってもダメージが大きいのです。